メニューにかえる

2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
2017年度 2018年度

2003年1月〜6月  NEXT

 1月6日  第98回
週間五日坊主

昭和残照 平成も早や15年

青空を画布にベランダからの富士

いいことがあったか手話がよく笑う

背丈子に越され小言も遠慮がち

自分史の余白に花の種を蒔く
ニュースやぶにらみ

  「お正月の歌」
♪もういくつ寝るとそうせんきょ〜
              ―国会議員 

  「今年の気懸り」
不況風より解散風  ―永田町

  「駒大が連覇」
今年もウマ年  ―箱根駅伝
 1月11日  第99回
週間五日坊主

平均寿命こんなに薬持たされて

定年の趣味一病に逆らわず

も一度のチャンス 長寿という味方

千羽鶴折ってる麻痺の手の祈り

病院の倫理に生かしとくだけ科
ニュースやぶにらみ

  「凧上げ大会」
デフレと書いた凧が不況風に乗っている
            −主催者

  「平均550日で使い捨て」
歴代総理並みだな      −携帯電話

  「年間販売台数、カローラ首位転落」
隣の車が小さく見えます     −フィット
 1月18日  第100回
週間五日坊主

精一杯輪ゴムの意地が飛んでいる

不況風まとも 狂った着地点

水を得た魚が生簀だと知らず

見たままが言えぬ保身の悲しい目

中傷のペンキに消しゴムの無力
ニュースやぶにらみ

  「一月に靖国神社参拝」
8月までもつかどうかわからないので
  −小泉首相

  「お年玉二年連続減」
デフレの意味がやっとわかった  −こども

  「就職内定率60%」
職がないので大学にでも行くか −新高卒生
 1月25日  第101回
週間五日坊主

不器用な汗がしてきた回り道

ボロボロの地図十字路でまだ迷い

賞味期限切れのコントを持ち歩く

ヤジロベーなれど軸足まで売らず

ラストチャンスに補聴器が疼く
ニュースやぶにらみ

  「大寒」
一年中   −景気

  「両国界隈」
ジンギスカン鍋もあります −ちゃんこ料理店

  「思惑の握手」
右手と左手とで  −自民候補、連合
 2月1日  第102回
週間五日坊主

青春のバネ盛り場で斜に弾み

走馬灯 ひばりの唄に回り出す

お隣もユニクロを着て日曜日

言い訳を聞いてる妻のポリグラフ

I T が僕を11桁にする
ニュースやぶにらみ

  「一生懸命」
モンゴルの四文字熟語かな
           −日本のヤング

  「カゼ閉鎖」
ボク ー インフルエンザで学級閉鎖
パパ ー 不況風で工場閉鎖

  「首相の施政方針演説」
声が小さくなったなあ  −構造改革
 2月8日  第103回
週間五日坊主

先見の不明暖簾が畳まれる

机上論この暴落が読みきれず

百家争鳴総論ばかり勇ましい

飢餓の地をかすめて消えた流れ星

核の冬 昔地球は青かった
ニュースやぶにらみ

  「国会論戦」
菅代表  ー棒読みが上手くなりましたね
小泉首相ーあなたも揚げ足取りがうまくなって

  「軒並みゼロ回答」
シュン闘     −労組

  「一万円がゴッホの絵」
絵えっ!    ーオークション会社
 2月15日  第104回
週間五日坊主

掛け持ちの塾 夕焼けに気付かない

待つことに慣れてせつない花時計

ふっきれて鬼と握手をした喜劇

引退の美学に未練絡み付く

遺伝子操作 神に叛いた実が熟れる
ニュースやぶにらみ

  「里帰り」
故郷に錦の化粧回しを飾った  −朝青龍

  「サミーとセガ経営統合へ」
ゲームじゃなくて?   −株主

  「イラン緊迫、北鮮の核」
憲法窮状     −憲法九条
 2月22日  第105回
週間五日坊主

義理チョコのジョークに愛のひとかけら

春一番 冬の呪文が解けぬまま

北風と梅が奏でる春序曲

鶯がもう北風に春を読み

三浪の髭 合格に泣いている
ニュースやぶにらみ

  「変り雛」@
二人官女に三人囃子   −リストラ雛

  「変り雛」A
ー 不景気な顔してるね
ー デフレ雛です。メイドインチャイナです

  「就職氷河期」
三浦家三世代はすごいなあ −新卒学生
 2月28日  第106回
週間五日坊主

濡れ衣に前略で来た果たし状

後略のそこの本音にしてやられ

鬼の目の涙が序列から外れ

乾杯の声が大きいブルータス

乾杯を飲み干せずいるわだかまり
ニュースやぶにらみ

  「年寄株1億7500万円」
それ買って儲かるの   ー竹中大臣

  「居眠り運転でも無事故」
日本の新幹線はたいしたもんだ
             −韓国の地下鉄

  「2ランデビュー」
春一番    −松井選手
 3月8日  第107回
週間五日坊主

ときに愚痴こぼして妻と言う専務

悪女願望ちょぴり妻のコンパクト

変身の呪文唱えた妻の乱

亭主には読めぬ女房のEメール

大統領閣下も妻に叱られる
ニュースやぶにらみ

  「JOC核事故判決に執行猶予」
核処理の制裁策も執行猶予さ   −北朝鮮

  「坂井議員に毎月100万円」
彼は当社の国会への派遣社員です
                −日本マンパワー

  「イラク攻撃緊迫」
いよいよ出番だな   −¥の紙鉄砲
 3月15日  第108回
週間五日坊主

マスゲーム悲しいまでによく揃い

独裁が三本脚の椅子で吠え

フセインの首へミサイル誤差があり

立ち尽くし無力を嘆く不戦の碑

キリストにアラーに正解ありますか
ニュースやぶにらみ

  「小泉路線」
転換なくして成長なし  −株式市場

  「足並みの乱れ」
ブッシュさんよぉ 独裁が羨ましいだろう 
    ーフセイン大統領

  「三月危機」
日本経済だけじゃない  −地球
 3月22日  第109回
週間五日坊主

もういいかい 土手のつくしが風に聞き

つくしんぼ 去年なかったビル仰ぎ

一面の菜の花 僕もゴッホの目

山菜が千恵子の空を見て育ち

春うらら軽い財布と旅に出る
ニュースやぶにらみ

  「朝青龍10日目で3敗」
なにが一人横綱だ  −ブッシュ大統領

  「速水日銀総裁退任」
いいお付き合いをさせて貰いました
                    −デフレ

  「アメリカ版千一夜物語」
壊せゴマ     ーブッシュ
 3月29日  第110回
週間五日坊主

ペンキ塗るパパ 図工5は嘘らしい

納豆にネギが入らぬ妻の留守

年金が丸く削った父の角

日々好日もう世渡りの顔は捨て

八つとせ父の挽歌がまだ続く
ニュースやぶにらみ

  「諺」
医者の不養生。紺屋の白袴。交番の不用心。
   −こそ泥

  「お願い」
‘戦’を神隠しして   −千尋

  「きれいな選挙」
サクラでいっぱいです  −演説会場
 4月5日  第111回
週間五日坊主

毎日が晴れポスターの観光地

バスツアーに揺られ日本のつまみ食い

女三人そこへお喋りもう一人

母さんの渾名サザエという茶の間

やけ酒が欲しい日もあるマスオさん
ニュースやぶにらみ

  「産業再生機構発足へ」
政治再生機構も欲しい      −国民

  「無責任時代」
選挙前は公選法を忘れ
当選後は公約を忘れる   −立候補者

  「防護」
花粉症用マスクとは羨ましい
      −防毒マスク、SART用マスク
 4月12日  第112回
週間五日坊主

吠えること忘れて核の傘の下

北鮮をダフらせ怖く見る戦火

戦勝のニュースの裏の血と涙

強行の行方を見てる結果論

スクープ写真に髭のない独裁者
ニュースやぶにらみ

  「テレビ生中継」
日本の茶の間まて゜飛んで来た 
   ー松井の満塁ホームラン

  「フセイン像倒壊」
‘虚星’墜つ   −イラク

  「営業運行停止へ」
飛行機で元気がいいのは爆撃機だけだ 
    ーコンコルド
 4月19日  第113回
週間五日坊主

二泊とか三日天下の妻の旅

カルチャーブームに おかめも ひょっとこも

まだ尻尾付けてテレビに蛙の子

アイドルの賞味期限を売り急ぐ

縁日のヒヨコ ひよこで生を終え
ニュースやぶにらみ

  「国民の飢えより核兵器」
背を腹に変えても   −北朝鮮

  「石原都知事、もっと過激にやる」
以前、俺も同じこと言ったっけな 
              −小泉首相

  「症状」
熱が上がる   ー患者
熱が下がる   ー海外旅行
 4月26日  第114回
週間五日坊主

てふてふが舞ってた遠い日の花野

D51を父の童話が追いかける

貧しかった少年の日の貸本屋

モンローが我が青春と共にいる

君の名はそんな昭和もありました
ニュースやぶにらみ

  「小泉首相満二年」
だいぶ食い潰された   −米百票

  「小泉首相満二年」
石の上にも三年は長過ぎる ―我慢の国民

  「エスカレート」
ノドン→テポドン→ピカドン ―北朝鮮のドン
 5月3日  第115回
週間五日坊主

子の育ち柱の傷が歌ってる

腕白でいいと育てて悔い少し

タカの子にトビの親父が意見され

この馬鹿といいつつ父の嬉しそう

鸚鵡にまで妻の口調で叱られる
ニュースやぶにらみ

  「増税」
苦味が増した   −発泡酒

  「三連休」
気を付けて行ってらっしゃい  −SARS

  「白装束集団」
電磁波よりお前等の方が不気味だ
                 −迷惑住民
 5月10日  第116回
週間五日坊主

懐の辞表課長と渡り合い

返されるつもりの辞表受け取られ

左遷地でなお逆転の機を狙い

抜擢の椅子にやる気が腰を掛け

二度の職 赤旗振った日も遠く 
ニュースやぶにらみ

  「三平を越えての正蔵襲名決まる」
おやじ ‘どうもすいません’  −林家こぶ平

  「道路公団の接待宴席」
飲みません、民営化案は
               −出席道路族議員

  「三連続ホームラン」
♪飛んで 跳んで 翔んで −阪神フアン
 5月17日  第117回
週間五日坊主

灰皿の外にはみでた言葉尻

捨石の勇気 波紋が渦となり

乱反射させてメッキの有頂天

絶頂の椅子を取り巻くブルータス

自信家の脆さ知ってるポリグラフ
ニュースやぶにらみ

  「怖い駄洒落」
オシャカにな りそな銀行  −金融危機

  「夢」
長者番付から長寿番付に変えた
               ー年金生活者

  「不成績」
対大関戦に負け越した  −平幕力士      
 5月23日  第118回
週間五日坊主

能力はともかくコネと金がある

盆栽を見る雑草の意地ひがみ

金賞のさつきよ伸びをしたかろう

ヒーローにされて歯車狂いだし

なあ こけしお前泣きたいときないか
ニュースやぶにらみ

  「長者番付」
あれっ 外人がいない  −相撲番付

  「ミサイルの部品90%が日本製」
場合によっては里帰りをさせる −北朝鮮

  「代わりがいないから しょうがない」
‘小泉首相のこと?’ ‘うちの亭主のこと’
 5月31日  第119回
週間五日坊主

網にまた善人の欲引っかかり

身の丈をやつと悟った七転び

両の手のタコに親父の半世紀

一匹狼振ることのない尾と老いる

智恵の輪が解け来し方に苦笑する
ニュースやぶにらみ

  「二期連続の大赤字」
こんな会社には金を貸さないな
               −大手銀行

  「規制強化」
将軍様のこの印籠が目に入らぬか
                −万景峰号

  「地震に続いて台風」
次は俺の番かな  −SARS
 6月7日  第120回
週間五日坊主

カタカナ語辞典で今日を呼吸する

世相百態 コンビにの24時

江戸っ子の意地 ビル街の鬼瓦

江戸っ子だってねえ貧乏しなはれや

10万人ライブ 若さというマグマ
ニュースやぶにらみ

  「ベストファーザー賞受賞」
貴乃花改め貴乃パパ   ―花田光司

  「当社の清掃用具」
会社まではきれいにできません ―ダスキン

  「日韓の盛り上がり」
サッカーに負けた  −首脳会談
 6月14日  第121回
週間五日坊主

見本市 部下の意外な英会話

初一年通していつも少数派

飼い犬に噛まれた手より痛む胸

胃酸過多 また言い分を飲み込んで

乾杯に義理で付き合う紙コップ
ニュースやぶにらみ

  「発泡酒増税で出荷三割減」
祝杯を上げそこなった  −財務省

  「お台場でのカジノ計画断念」
賭けに負けた   −石原都知事

  「高速道21路線赤字」
いくら稼いでも追いつかない
            −東名・名神高速道
 6月21日  第122回
週間五日坊主

騒音にされてる街のコケコッコ

定年の庭にミミズのいる畑

カメラアイ河馬のあくびを見逃さず

念入りの化粧があくびから崩れ

悪友が妻に内緒のいい話
ニュースやぶにらみ

  「首相再選に自信」
長い付き合いになりそうだ  −不況、デフレ

  「でんき予報」
停電で見られなかったらごめん −東京電力

  「フジの災難」 
噴火時に全方向で火砕流
             ー富士山防災マップ
 6月28日  第123回
週間五日坊主

遺伝子操作 危惧を宿した実が熟れる

詐欺商法種のない実が熟れている

マニュアルにそっぽを向いた馬鹿力

錯覚の雑魚がしている腕まくり

浮かれてる鏡に明日が見えてない
ニュースやぶにらみ

  「南北首脳会談」
金−カネ−金 だったとは  −ノーベル平和賞

  「共産党の柔軟路線」
アカからピンクへ  −筆坂議員

  「株主総会」
頭を下げるのには慣れている  −東電社長   
2003年1月〜6月 終了  NEXT         メニューにかえる